沖縄県沖縄市の特別養護老人ホーム・ケアハウス・訪問介護は社会福祉法人、緑樹会

  1. HOME>
  2. 介護が必要になったら
基本情報

介護が必要になったら

介護(保険)サービスを受ける前に

介護(保険)サービスを受けるには市町村の要介護認定が必要があります。
介護が必要な方をその状況に合わせて5段階に分類したものが「要介護認定」です。それに対して介護は必要ではないものの、日常生活に不便をきたしている人が分類されるのが「要支援」になります。
この二つは混同されることも多いのですが、要介護認定にはいくつかの種類があり、「要介護」又「要支援」はの認定を受けますと、介護保険を利用することができます。 「要介護」と「要支援」の違いは定義だけではありません、実際に受けることができる介護サービスの内容や費用も異なってきます。

  • 1.要介護認定の申請

    市役所の窓口で申請。
    本人や家族以外に施設や支援センターによる代行も可。

  • 2.認定調査

    市役所の担当者が本人と家族に聞き取り調査。

  • 3.一次判定+主治医意見書

    コンピュータで分析判定。主治医の先生により意見書が作成させます。

  • 4.二次判定

    一次判定と主治医の意見書を元に状態の維持改善可能性の審査

  • 5.認定結果の通知

    申請から30日以内に通知。
    要支援1・2の方は介護予防サービスをご利用できます。
    要介護1~5の方は介護サービスを利用できます。

  • 6.ケアプランの作成

    要支援1・2→地域包括支援センターがケアプランを作成。
    要介護1~5→在宅か施設のサービスを選んで計画作り。

  • 7.サービスの利用

    サービス業者に保険証を提示しサービスを利用。

要支援・要介護のサービスを受けるまでの流れ

「要支援」または「要介護」認定を受けた後は、サービスの利用者に合わせたプランを作成します。

要支援1・2

  • 1.地域包括支援センターにご相談

    地域包括支援センターを通します。
    沖縄市役所・高齢福祉課
    TEL:098-939-1212(内線:3141・3143)

  • 2.利用申し込み契約

    サービスを受ける契約を結びます。

  • 3.ケアマネージャー等の訪問

    本人・家族と面談。
    心身の状態や生活環境を把握します。

  • 4.介護予防ケアプラン原案作成

    プランの原案作成をし、どのような支援が必要かを調整します。

  • 5.サービス担当者会議

    目標を設定し達成するための支援メニューを検討します。

  • 6.介護予防ケアプラン決定

    本人、家族が同意して介護予防ケアプランが決定し、サービスの利用を開始します。

  • 7.目標達成度を評価

    3~6ヶ月ごとに地域包括支援センターにて目標達成度を評価します。

要介護1~5

  • 1.居宅介護支援事業者

    介護保険施設にいるケアマネージャーがケアプランを作成します。

  • 2.利用申し込み契約

    「居宅サービス計画作成依頼書届書」を市役所窓口へ提出します。

  • 3.ケアマネージャーの訪問

    本人・家族と面談。
    心身の状態や生活環境を把握します。

  • 4.ケアプラン原案作成

    在宅生活でどのような支援が必要かを調整します。

  • 5.サービス担当者会議

    目標を設定し達成するための支援メニューを検討します。

  • 6.ケアプラン決定

    本人、家族が同意してケアプラン(居宅サービス計画)が決定し、サービスの利用を開始します。

  • 7.目標達成度を評価

    毎月ごとにケアマネージャーが利用者の目標達成度を評価します。

社会福祉法人緑樹会

お気軽にお問い合わせください

TOP